超低用量ピル「ヤーズ」の特徴について

超低用量ピルであるヤーズは元来から使用されてきたピルと比較し、含有されている女性ホルモンの一種であるエストロゲン量がさらに低いのが特徴です。
これまでのピルも低用量ピルでエストロゲン含有量が約0.03ミリグラムから0.04ミリグラムで決して多くの量を含まない低用量ピルとして、一般的に認知されていました。
しかしそれでも副作用として、むくみの症状や吐き気といった感覚に襲われる方も少なからずいます。
超低用量ピルのヤーズはこの副作用のデメリットの心配がないと期待されます。
それには理由があります。
超低用量ピルのヤーズのエストロゲン含有量は約0.02ミリグラムと最小の量を掲げます。
これらは従来の含有量におけるピルの副作用を回避することに結びつきます。
ヤーズは黄体ホルモンの一種ドロスピレノンを持ちます。
このドロスピレノンは体内のもとから持っている黄体ホルモンと類似した作用を非常に示し、違和感のない自然な働きをします。
このホルモンの働きの作用が副作用のリスクを低いものにしているのです。
ピルを服用すると太ってしまうと連想しピル服用を拒んでいた方にも、この副作用の起こりにくさは魅力的です。
避妊薬としての効果はこれまでと変わりません。
また幅広い月経困難症にもヤーズは適しています。
ホルモンバランスが原因でニキビに悩まされている人にも、男性ホルモンの働きを抑制させる作用のある超低用量ピルのヤーズは改善に導き、美肌効果を得ることが期待できます。
女性に多くメリットを与えるヤーズは世界各地で熱い支持を得ています。
避妊目的でなくとも先ほどあげたニキビの治療に服用したりPMS治療薬として用いられるケースからも、ヤーズの働きの素晴らしさがわかります。