超低用量ピルの他のピルと比較したメリット

超低用量ピルは低用量ピルと比べ卵胞ホルモンの含有量が3分の2程度しかないのが特徴です。
日本でも認められており産婦人科などで処方してもらうことができます。
しかし一般的な低用量ピルとは違い避妊のために処方してもらうことはできません。月経困難症の解消のために治療として処方されるのが超低用量ピルなのです。
それでは超低用量ピルは低用量ピルと比較してどのようなメリットがあるのでしょうか。
まず卵胞ホルモンの量が少ないこともあり副作用が出にくいのが特徴です。
以前は月経困難症の方は低用量ピルを処方されていましたが副作用が出るためやむなく辞めることもありました。
しかし超低用量ピルなら続けられます。
また避妊目的として処方されることはないものの実は避妊効果も低用量ピルと同じようにあるのです。
ですので月経困難症の方で避妊もしたいという方にとってはメリットがあります。
他にも低用量ピルと比較したときのメリットはニキビやくむみの気になる方にもあります。
お肌もキレイになり体もすっきりとするので見た目に美しくなります。
勿論この効果も低用量ピルにもありますが、副作用の可能性も高くなるのです。
あと超低用量ピルも血栓症という副作用が出ますので禁忌ではあるものの低用量ピルと比べて血栓症が出る割合が低くなります。
だからと言って血栓症になる可能性のある人でも飲んでもいいということはありませんが、健康な人でも体が変化する事で血栓症になる可能性もあるので少しでも発症する割合が低い方がいいでしょう。
今までのピルと比較しても一番安心であることに違いがありません。
どのピルを処方してもらえるのかは医師の判断によりますが、もし超低用量ピルがほしいなら自分で提案するのもいいでしょう。