超低用量ピルによる効果、副作用と使い方

超低用量ピルとは、含まれている女性ホルモンの量が、現在販売されている低用量ピルよりもさらに少ないピルです。
低用量ピルはエストロゲンの量が0.03~0.04mgなのに対し、超低用量ピルは0.02mgと非常に少なくなっています。
また低用量ピルには使用されていない「ドロスピレノン」という黄体ホルモンを使用していて、より体の中にある自然な抗体ホルモンに近い働きを持っています。

超低用量ピルは、避妊効果、重い月経痛の緩和、ニキビなどの緩和や月経前症候群の緩和など、従来のピルとその効果には違いはなく、海外では主流となっています。日本でも許可がおりたので、婦人科などで処方をしてもらうことで入手することができます。
ただ日本では、避妊を目的とする処方することはできず、月経困難症で処方されることがほとんどです。
また体重増加の心配が少なく、男性ホルモン抑制作用もあるので、ニキビにも効果があります。

使い方は、生理が始まった日が、服用開始日になり、そこから毎日決まった時間に1錠ずつ服用します。飲む時間は自分の飲みやすいタイミングでかまいませんが、同じ時間に飲むことが大切です。服用開始から25日目~28日目はプラセボ期間となり、この間に生理が起こります。28錠飲み終わったら新しいシートで2クール目が始まります。基本的は使い方は低用量ピルと同じです。
副作用としては、頭痛や吐き気、不正出血などがあり、特に最初の1、2ヶ月に起こりやすく、飲み続けるうちに症状が解消されることがほとんどです。
他のピルと同様、血栓症になるリスクもあります。血栓症の症状は息切れやむくみなどで、このような症状を感じたら、早めに医師に相談するようにしましょう。
正しい使い方をすれば、副作用も少なく、月経痛など毎月悩まされていた症状が解消しますから、気になる方は一度受診してみてはいかがでしょうか。