排卵周期を計算して作られている超低用量ピル

超低用量ピルが、最近人気を集めています。普通のピルだと効果が強く出過ぎてしまい具合が悪くなってしまった、体に合わなかったというような人でも、超低用量ピルだと服用することができる、という人が多いです。本来、避妊薬として使用されますが、月経過多や生理痛などにも効果が期待できます。婦人科でも、避妊だけではなく、月経不順や不妊治療、子宮に関する病気などの改善を目的として処方されるようになってきています。
超低用量ピルの基本的な構造としては、排卵後や妊娠している時に多く分泌される黄体ホルモンを増やすことによって、排卵を止めます。排卵が行われないことで、避妊効果や月経痛の解消などの効果が出ます。ピルに含まれるホルモンの量によって種類が変わってきます。超低用量ピルは、薬の中に含まれているホルモンの量がとても少ないものです。ですので、体にあまり負担がかからないというメリットがあります。
超低用量ピルは、生理周期を28日周期で計算されて作られているので、1シート28錠あります。これを毎日飲み続けることによって、効果があらわれてくるのです。しかし、人によって排卵の周期も異なってくるので、月経不順の人などの場合は、医師と相談して、自分の排卵周期について細かい計算を行ってから服用するとその効果は高まっていきます。
ピルには低用量、中用量、高用量があり、含まれる卵胞ホルモンの量によって分類されています。超低用量ピルは、この中でも副作用が特に少ないので、副作用についてあまり恐れることなく服用することができます。ピルを使用する際は、できるだけ自分の体重や体調、排卵周期などの細かい計算を行ってから服用すると良いでしょう。